想い

thought

政治と音楽

20220419-2_edited.png

東京で音楽活動をしていた私。政治とは無縁だった私が、政治を志したきっかけは、3.11東日本大震災でした。

 あの時、あれほど賑やかだった東京の町から「音楽」も「笑い」も消えていました。

でも、私は心の中で信じていました。「こういう時こそ、心を温めてくれる音楽の力が必要なはず」と。

​なぜなら、それまで私は、自らが演奏する一音一音に、「祈り」と「願い」を込め演奏し、皆さんに届けていたつもりだったからです。

しかし、世の中はそれを求めてはいませんでした。

未曾有の災害とその静けさを前に私は無力感に包まれたのです。 

それから私は自問自答しました。「私は社会に対して何ができるのか・・・」と。
 

私にとっての「祈り」と「願い」。そのたどり着いた一つの答えが、「政治」への道でした。

​だから、私の日々の政治活動は今もあの頃の想いと共にあります。

プロフィール

1980年6月12日 生まれ

1993年3月
綾南町立陶小学校 卒業

1996年3月
綾南町立綾南中学校卒 業

1999年3月
香川県立坂出高等学校 卒業

2003年3月
相愛大学(音楽学部) 卒業

2006年
音楽活動 開始(香川県内で活動)

2007年
上京(ジャズピアニストとしての第一歩を歩みはじめる)。現場での研鑽を旨とし、多くの諸先輩から優しくも厳しい指導を受け、ライブを中心とした演奏活動を行う

2011年
東京で東日本大震災を経験。その経験をきっかけに、「社会に対して何かできることはないか」という思いから、政治に興味を持ち始める

2012年
政治塾 入塾

2013年
東京都議会選挙 出馬(落選)
香川県へ帰郷(音楽活動を再開)

2014年

 「音楽で綾川まちおこしプロジェクト」を立ち上げる。その後、5年に渡って開催学校、幼稚園・保育施設などへの出前コンサートや、若手農業者とのコラボ企画(いただきます・ごちそうさま運動)など、音楽を通して、子ども達との交流を深める

2019年
香川県議会議員選挙 出馬

  (綾歌郡選挙区 一期目 当選)
・経済委員会
・総合防災対策特別委員会

2020年
・総務委員会 (副委員長)
・少子化対策特別委員会 (副委員長)
・決算行政評価特別委員会 (副委員長)

2021年
・環境建設委員会(副委員長)
・総合防災対策特別委員会(副委員長)
・決算行政評価特別委員会(副委員長)

2022年

・総務委員会(副委員長)

・県立体育館整備等に関わる特別委員会(副委員長)

生い立ち

おじいちゃんっ子だった幼少期

幼少期、私の遊び場は田んぼや畑。

おじいちゃん達と一緒に畑に行って、お手伝い(した気になって遊んでいた)するのが大好きな子どもでした。

ふるさとの原体験です。

21-2-11_★-IMGP5830.jpg