地域公共交通のあり方について【令和2年9月 定例会】

【質問】

 県では、観光振興を図ることで、地域公共交通の利用者増加につなげるということを、柱の一つとしてきたと思うが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、県へのインバウンドがほぼ0となり、香川県来訪者も大きく減少した。旅行や観光に対する消費者の心の変化や不確定要素も多く、アフターコロナ、ウイズコロナの中で、観光客がどこまで回復するか不安な部分がある。

 コロナ禍を受け、「新たな生活様式」をはじめとして、社会全体が大きく変わっていく中で、地域公共交通の利用と支え方についても、未来も見据えた前向きな議論・検討をしていくべきである。一つの論点は、地域住民や観光客に使ってもらいやすい運航形態への変化、交通機関相互に一層連携する方向への変化であり、もう一つは、「地域公共交通」が自分たちの生活にとってなくてはならいものと捉え、常にあるものという認識から、実は自分たちも、その交通を「支える側」であるという、地域公共交通に対するとらえ方・意識変化の必要性に関するものである。

 そこで、これからの社会の変化や、必要とされる地域公共交通機関の変化、住民の意識・考え方の変化を踏まえ、これからの地域公共交通支援について、今後どのように取り組むか、知事に伺う。



【知事答弁】

 本格的な人口減少社会の到来により、本県においても、交通事業者を取り巻く環境が一段と厳しくなる中、地域公共交通の重要性は、今後、ますます高まるものと考えております。

このため、県では、鉄道を中心に、県全体で利便性と結節性に優れた公共交通ネットワークの構築を目指し、その実現に向けて積極的に取り組んでいるところであります。

 具体的には、公共交通機関の利便性を向上させるため、地域住民や各市町、交通事業者等で構成する地域公共交通会議に県も参画し、鉄道と路線バス等の公共交通機関相互の乗り継ぎ機能を高めるなど、地域の実情に即した輸送サービスの実現を図るほか、駅利用者の分散にもつながる新駅整備や線路の複線化、非接触型の交通系ICカードの拡大などに、地元市町と連携しながら取り組んでおります。

 また、新型コロナウイルス感染症への対応として、交通事業者による感染拡大防止対策を支援することに加え、「新しい生活様式」に対応するため交通事業者が実施する、利用促進に資する先進機器の導入や、広報宣伝・キャンペーン、安全・安心運行のための取組みなどを支援するため、今定例会に補正予算案を御提案しているところであります。

 県民の皆様が公共交通を支えるという意識を持って、積極的に御利用いただくことが、地域公共交通を支えていくことにつながることから、今月10日には、イオンモール綾川におきまして、公共交通利用促進キャンペーンを実施することとしており、交通事業者の感染拡大防止対策を紹介するなど、県民の皆様に地域公共交通に対する一層の御理解と御協力を呼びかけ、利用促進につなげてまいります。

 私といたしましては、今後とも、国や地元市町、交通事業者と緊密に連携し、公共交通の利便性の向上と利用促進を図り、利用者の増加につなげることで、持続可能な公共交通ネットワークの構築に向けて、鋭意努めてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000